カジノでの雇用機会|仕事の種類や給料は?

カジノでもっとも熱い都市といえば、ネバダ州ラスベガスです。ラスベガスは世界最大のゲーム・レジャーの拠点であり、カジノ産業が盛んです。リノ、アトランティックシティ、タホ湖などにも、世界的に有名なギャンブル施設があり、人気の高い観光地になっています。しかし、このような華やかなラスベガスの裏には、働く人たちの日常生活が隠れています。 

ギャンブル関連の仕事の種類

当然ながら、カジノには色々な仕事や機能があります。客の目線からは、ブラックジャックのディーラー、ドリンクを運ぶウェイトレス、警備員などが目立つでしょう。その他にも、顧客サービス担当者、配給担当者、バーテンダーなどが、カジノで客が様々なゲームを楽しめるように働いています。

裏方には、カジノの事務方である保護管理担当者がいます。人事部門は、調達、教育、雇用などを担っています。カジノの認知度向上を目的とする販売&プロモーション部門もあります。

同じ時間帯に働いている人だけでも何百人にも及ぶので、カジノには何千人もの従業員がいることになります。いろいろな人と一緒に仕事をするのは、魅力的で楽しいものです。また、カジノ業界はスピードが速く、優れた顧客サービスが求められる仕事です。客はカジノに遊びに来て、様々なゲームに挑戦していきます。カジノの従業員には、客がこの経験を楽しめるように全力を尽くす責任があります。

教育・トレーニング

カジノで働く従業員は、様々な資格、トレーニング、専門知識を持っています。管理職や事務職に就く人は、ビジネス、販売、事務、ホスピタリティなどの分野で学士号や修士号を取得している場合がほとんどです。カジノの管理職に対して企業が求めるものは、業界知識と一般のビジネス経験を融合させる能力です。学歴がなくても、高卒またはGED(大検相当)があれば、その他の様々な職に就くことが可能です。

顧客サポートの経験がある人や、ブラックジャックなどのカジノゲームに精通している人は、カジノ企業にとっては魅力的な候補者となり得るでしょう。刑事・司法分野の調査経験や、関連資格を持つ求職者は、セキュリティ部門で働けるかもしれません。公園管理者を募集して、訓練を施す場合もあります。ゲーム運営者は、ゲームフロアにおける全活動を監督するので、資格や学士号、またはゲーム/カジノ業界の知識が必要になります。こうした職は多少敷居が高いですが、カジノではレストランが大きな魅力の一つとなっている場合が多いので、シェフやコックも成長できる職場です。

一般職では、経験のあるバーテンダーやカクテルサーバーも狙い目かもしれません。カジノの多くでは、従業員のため仕事や業界に関連するトレーニングプログラムを実施しています。また、カジノでは金銭の取引を管理する必要性もあり、関連経験があればカジノでも色々な職につける可能性があるでしょう。

給料

給料水準は、カジノの立地によって大きく異なります。労働統計局によると、2013年末時点で平均年収73,420ドルと推定されています。ゲーム担当者は約48,300ドル、ディーラーは約17,420ドルです。ただし、ディーラーはチップでもっと稼いでいます。スロット部門の従業員の平均年収は25,460ドルです。ただし、彼らもチップをもらえます。カジノ経験がない人が新たに業界で仕事を探す際には、平均給料と同じかわずかに高い給料を目指しましょう。

州やカジノにはそれぞれ異なるルールや規制があり、業界内で住み分けが行われています。しかし、カジノは24時間体制で運営されており、産業全体の市場は数十億ドル規模です。そのため、専門職や一般職を問わず、常にどこかで雇用機会が存在しています。

カジノ業界での仕事経験は、かなり重要視されます。カジノの従業員は、ギャンブルが絡むので、働き始める前に厳しい身元調査や審査を受けなければならない場合があります。もし未経験なら、カジノが募集している仕事を一つずつ調べてみるところから始めましょう。